読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2個目のブログ。

桐谷ヨウのセカンドブログ。お気に入りのモノを紹介したりします。

高級コンデジ "RICOH GR DIGITAL IV "をいまさら買うとリーズナブルでオススメな件

f:id:fahrenheitize:20140115043659j:plain:w500

高級コンデジ、RICOH GR DIGITAL IV を買った。

iPhone5sのカメラが優秀なのでコンデジは必要ない派だったのですが*1、マクロ撮影でキレイにボケを出したい欲が最近出てきたため。

*1:暗部とマクロ以外の日常撮りはホントiPhoneで充分だと思う

続きを読む

清野とおる『東京都北区赤羽』ーまんきつさん、能町みね子さんを発掘していた漫画家ー

清野とおるさんという漫画家がいる。

赤羽に在住しており、異様に鋭い変人を嗅ぎつける嗅覚という特殊能力を持った天才だ。ぼくは彼のファンである。

数年赤羽に在住していた彼女ですら気づかなかった面白い人たち(基本的にはホームレスとか飲み屋の人)を次々に発掘している。

続きを読む

【いいとも終了】ということでタモリのとてつもない凄さが分かる2つの動画を見直した

f:id:fahrenheitize:20131027201124j:plain:w500

【移転元記事】
【いいとも終了】ということでタモリのとてつもない凄さが分かる2つの動画を見直した - My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only はてなブックマーク - 【いいとも終了】ということでタモリのとてつもない凄さが分かる2つの動画を見直した - My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only


いいとも終了するんですねー。観ていたわけではないんですが、このエントリーはめっちゃ面白かった。この人のブログはすごい好きですね。モー娘。がなんかすごく魅力的に見えてくるという。

タモリ。俺が子どものときはすでにいいともとMステをメインでやってたから、「この人の何が面白いんだ?」とか思ってて、ボキャブラは好きだったんだけど、大学生になってタモリ倶楽部を観て「この人こんな面白いひとだったのかー!」って気づいたコースですね。イグアナの形態模写とか影も形もなかった。

続きを読む

奥田民生の『タイミング』カバーが素晴らしすぎて頭から離れない

【移転元記事】
奥田民生の『タイミング』カバーが素晴らしすぎて頭から離れない - My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only はてなブックマーク - 奥田民生の『タイミング』カバーが素晴らしすぎて頭から離れない - My Favorite, Addict and Rhetoric Lovers Only


YouTubeを適当に徘徊しながら音楽を聴いてたらたまたま奥田民生がオススメに出てきた。俺の世代で奥田民生っていうと"ユニコーンの人"でも"愛のために"でも微妙になくて、Puffyのプロデュースの人ってイメージが強い。ああ、でもイージューライダーとかは知ってるね。

積極的に聴くことはなかったけど、なんかハンパなく弾き語りが上手くて東京ドームで弾き語りやっちゃうとかオカシイ人ってイメージ。あと奥田民生のファンに悪い人いなさそうって印象。


タイミング ブラックビスケッツ カバー 奥田民生 - YouTube

んで、このブラビの『タイミング』を聴いてメッチャ感動した。この曲って元気いっぱいに盛り上げるビビアンと振り付けのイメージしかなかったのに、しっとり歌いあげて感動的になってるっていう。これ最初のほう、観客とかもちょっとクスクスしてるっぽいんだけど、しっかり聞き入ってる感じだよね。

続きを読む

巷の『ロジカル・シンキング本』では得られない論理力を身につける方法 〜三角ロジックと帰納的トレーニング〜

いきなりですが質問です。

「向井理はモテる」ことを"論理的に"主張してください。

真面目に考えた人は回答することが難しいことに気づくと思う。論理的ってなんだろう?ここでひとつのガイドラインを提示しようと思う。それは論理力を身につける上で避けられない「三角ロジック」という概念だ。

続きを読む

『物語の体操―みるみる小説が書ける6つのレッスン』/大塚 英志

2003年刊。民俗学者/漫画原作者・大塚英志が自身の「小説家養成講座」の講義を再編集した内容。タイトルは「物語を書くための訓練」という意味です。主観的評価=☆×5。

この本は著者自身が本文で明示しているように、二つの意味合いを持っています。一つは小説のどこからどこまでが誰にでも書ける「テクニック」たる部分かを明らかにすること。そして二つ目は、それを明らかにすることによって「テクニックでは書けない領域」を明らかにすること、です。

続きを読む